2007年12月

もうすぐ国家試験!!~社会福祉士専攻科より~


社会福祉士専攻科1年間で社会福祉士の受験資格を取得するコースです。今年の4月に入学した学生は来年1月27日の国家試験を全員受験し、そして全員合格を目指しています。 現在は後期試験の真っ最中ですが、受験勉強も最後の追い込みの時期でもあります。
学生の皆さんは大変熱心で、優秀。お互い助け合い、教えあいながら今まで勉強してきました。かといって、専攻科のこの1年(実質9ヶ月)はハードな勉強ばかりではありません。 お互いのコミュニケーションをはかり、時には気分転換のレクリエーションや、現場の理解を深めるための施設見学や実習にも力をいれてきました。
今年の専攻科(の様子)を紹介します。

新入生研修
d071214_01.jpg
これは新入生研修のひとコマ。出会いは人間関係の第一歩です。1年間よろしく!

施設見学
4月、授業が始まって早々、施設見学が始まります。

今年は3班にわかれ、児童養護施設や障害者授産施設、特別養護老人ホームなどに見学に行きました。見学は3回に分け、全員が3種類の施設を見学しました。
また、小規模多機能型居宅介護事業所やケアハウス(特定施設居宅介護事業所)にも希望者をつのり見学しました。 7月からの実習に生かせるよう、施設職員さんたちに積極的に質問をして、福祉施設理解につなげました。
そして、7月から8月にかけて施設・機関実習に取り組みました。

レクリエーション
そんな真剣な取り組みの合間にレクリーションを実施。近くの浜寺公園に出かけ、バーベキューとバドミントン大会で盛り上がりました。



後期の授業では・・・
後期になるといよいよ受験モードに入っていきます。
受験対策演習の授業ではグループで13科目のいずれかを担当し、練習問題を解説します。
受身の授業だけでなく、自ら参考資料を集め、問題を解説することによってめきめき実力がつきます。
また社会福祉援助技術演習の授業では、ロールプレイングや事例作成の作業などを通じ、社会福祉士としての援助の感覚を磨きます。
社会福祉士専攻科は、ただただ国家試験合格をめざすだけでなく、人間性豊かで相手の立場に立てる人材の養成を目指しています。


受験対策演習のグループ学習↑

↓避難訓練にて(読書感想文コンテストの表彰式が行われ、専攻科学生が7名入賞!)

12月は後期試験が終了すると冬休みにはいります。そして年明け、すぐに社会福祉士直前対策授業があり、国家試験に臨みます。1年はあっという間に過ぎますが、濃密で充実した1年になります。
このサイトを見られたあなた! 私たちと一緒に社会福祉士を目指しませんか。
社会福祉士専攻科 教員 北野 敏紀