入学要項学費サポート(奨学金・給付金制度など)

募集定員・募集コース 学費について 学費サポート 児童福祉科・介護社会福祉科 入学選考試験 看護学科 入学選考試験

延納・分納のご案内 奨学金案内 教育訓練給付金案内

延納・分納のご案内

南海福祉看護専門学校では、やむを得ない事情で学費を納入期限までに納入できない場合、学費納入サポートとして学費の延納・分納の申込を受け付けております。延納・分納についてのご相談・お問い合わせは以下の連絡先までご連絡ください。

※なお、途中退学された場合におかれましても、当該期分の学費は発生します。ご了承ください。

詳しくは、南海福祉看護専門学校 入試担当
TEL:0120-294-329もしくは072-262-1094まで

奨学金、教育ローンなどについて

経済的な援助を必要とする学生に対して、説明会及び個別の相談を行っています。
特に、日本学生支援機構の奨学金制度、介護福祉士等・保育士修学資金貸与制度など、各種奨学金及び教育ローンについて、入学後解説や申請の支援を行います。
また、本校独自の奨学金制度も設けており、一定の条件を満たす最終学年から若干名選考し、1年間に限り月額2万円(年間24万円)を給付します。
看護学科においては実習病院からの奨学金を受けることも可能です。

(1)公的奨学金制度

名称 支給方法・金額・期間 貸与対象者
日本学生支援機構
(旧 日本育英会)

【第1種】
月額53,000円又は60,000円

【第2種】
月額20,000円 ~120,000円
:2年

児童福祉科
介護社会福祉科
看護学科

・詳細はこちらをご覧ください。

・毎年入学後に説明会を行っています。

(2)南海福祉看護専門学校 校内奨学金制度

名称 支給方法・金額 支給対象者 返還免除の条件
校内奨学金 年4回支給
月額 20,000円
最終学年 若干名 人物・学力優れ、
経済的支援必要者
無条件免除

(3)住居費補助制度について(児童福祉科・介護社会福祉科)

居住地が遠方の為、居住地を離れて下宿などの単身生活を余儀なくされる学生を支援する為に住居費補助制度を設けています。
居住地の地域等を勘案した本校の基準に該当する学生に対して、入学後在籍期間に限り月額2万円を補助します。詳しい条件などについては学校に問い合わせてください。

(4)介護福祉士等・保育士修学資金貸付制度

■大阪府介護福祉士等修学資金

名称 金額・期間 貸与対象者 返還免除の条件
介護福祉士等
修学資金
2年間
最大 1,680,000円
介護社会福祉科
・介護福祉士コース
・介護・社会福祉士
コース
大阪府内において介護福祉士、社会福祉士として介護・福祉等の業務に5年以上従事した場合

■保育士等修学資金

名称 金額・期間 貸与対象者 返還免除の条件
大阪府保育士
修学資金
2年間
最大 1,600,000円
児童福祉科
・保育士コース
・保育士・幼稚園教諭コース
:若干名
大阪府内において保育士として保育等の業務に5年以上従事した場合

※各種奨学金制度についての詳細は本校へお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら

教育訓練給付金案内

【社会人(就労経験あり)の方へ】

本校は「教育訓練給付金制度」の適用となる厚生労働大臣指定講座を運営する専門学校です。

1. 教育訓練給付金制度とは

  • ・労働者や離職者が、自ら費用を負担して、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し修了した場合、本人がその教育訓練施設に支払った経費の一部を支給する雇用保険の給付制度です。
  • ・対象となる方は、雇用保険の一般被保険者又は一般被保険者であった方です。

2. 専門実践教育訓練給付とは

  • ・教育訓練施設に支払った教育訓練経費の50%に相当する額が支給されます。ただし、その額は80万円を上限とし、4千円を超えない場合は支給されません。
  • ・専門実践教育訓練の受講を修了した後、あらかじめ定められた資格等を取得し、受講修了日の翌日から1年以内に一般被保険者として雇用された方
    又はすでに雇用されている方に対しては、教育訓練経費の20%に相当する額を追加して支給されます。
名称 金額・期間 指定対象学科 受給資格
専門実践教育
訓練給付

【修了した場合】
最大 800,000円
(2年間)

【修了日から一年以内に国家資格を取得し就職した場合】
最大 1,120,000円
(2年間)

介護社会福祉科
介護・社会福祉士コース

次の(1)または(2)のいずれかに該当する方。

(1)初回受給の場合、講座の受講開始日までに通算して2年以上の雇用保険の被保険者期間を有している方。

(2)以前に教育訓練給付金を受給し、前回の受講開始日から次の専門実践教育訓練の受講開始日までの間に3年以上雇用保険被保険者期間を有している方。

※10年の間に複数回専門実践教育訓練を受講する場合は、最初に専門実践教育訓練に係る教育訓練給付を受給した専門実践教育訓練の受講開始日を起点として10年を経過するまでの間に受講開始した専門実践教育訓練に係る教育訓練給付の合計額は、168万円が限度となります。

1年6ヶ月
支給額例参照
社会福祉士養成
通信課程

■専門実践教育訓練給付金の支給額例(介護社会福祉科 介護・社会福祉士コース)

教育訓練経費は、個人により異なるため、下記金額は、あくまで参考例です。

訓練期間中支給

教育訓練経費 × 50%(年間上限は、400,000円)

1年目
入学金:230,000円
授業料:575,000円
実習費:100,000円
合 計:905,000円

905,000円 × 50% = 452,500円
年間上限400,000円を超えているので、給付額は、400,000円

授業料:575,000円
実習費:100,000円
合 計:675,000円

675,000円 × 50% = 337,500円
年間上限400,000円を超えていないので、給付額は、337,500円

給付金合計額
1年目:400,000円 + 2年目:337,500円 = 737,500円(※1)

追加支給

※訓練を修了し、介護福祉士資格を取得して、1年以内に雇用保険の被保険者として就職した場合に支給される。

※教育訓練経費 × 70% - 支給済額(上限は、1,120,000円)

2年間の教育訓練経費額:905,000円 + 675,000円 = 1,580,000円
教育訓練経費 × 70%:1,580,000円 × 70% = 1,106,000円(②)

追加支給額
1,106,000円(※2)- 737,500円(※1)= 368,500円

支給総額
737,500円 + 368,500円 = 1,106,000円

■専門実践教育訓練給付金の支給額例(社会福祉士養成通信課程)

実習必要の方 実習不要の方
入学金 50,000円 入学金 50,000円
授業料 250,000円 授業料 250,000円
実習指導料 120,000円 実習指導料 0円
420,000円
× 50% = 210,000円
300,000円
× 50% = 150,000円

受講終了後1年以内に資格取得し、一般被保険者として雇用されると20%が追加支給されます。

3. 申請までの概要

  • (1) 受給資格をハローワークで確認をする。
  • (2) 本校を受験・合格する。
  • (3) 入学1ヶ月前までに、訓練前キャリアコンサルティングを受けて、ジョブカードの交付を受けて、ハローワークに受講前申請をする。
  • (4) 訓練期間中6か月ごとに、支給申請をする。

※申請手続き、支給条件等の詳細につきましては、ハローワークまでお問い合わせください。

詳細は、ハローワークインターネットサービスをご覧ください。

ご不明な点がございましたら、本校へお問い合わせください。

教育訓練施設名 南海福祉看護専門学校
専門実践教育訓練講座の名称 社会福祉士養成通信課程 介護社会福祉科
(介護・社会福祉士コース)
指定番号 77035-171001-8 77035-142001-8
受講開始予定日 2019年4月1日 2019年4月1日
受講修了予定日 2020年9月30日 2021年3月31日

4. 一般教育訓練とは

教育訓練施設に支払った教育訓練経費(1年分に相当する額)の20%に相当する額が支給されます。ただし、その額が10万円を超える場合は10万円とし、4千円を超えない場合は支給されません。

名称 支給方法・金額・期間 指定対象学科
一般教育訓練給付 支払った教育訓練経費の20%
上限10万円(1回限り)を給付

児童福祉科

介護社会福祉科 介護福祉士コース

介護福祉士実務者研修通信課程
(訪問介護員2級 修了者)

介護福祉士実務者研修通信課程
(介護職員基礎研修 修了者)

介護福祉士実務者研修通信課程
(介護職員初任者研修 修了者)